ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 根管治療(根幹治療)した歯は長くもつのか?

根管治療(根幹治療)した歯は長くもつのか?

2014年05月24日

カテゴリ:根管治療

左下7befor&after

皆さんが、根管治療に際して思うことは、第一に「この歯が治るのか」、次に「この歯は治療して長くもつのか!」ということだと思います。治療した歯を長くもたせるためには、前回も書きました通りいろいろな要因をクリアしなければならないのですが、こと根管治療に関しては、コンベンショナルなしっかりとした治療を行えば、90%以上期待通りの反応を見せてくれます。

こちらの患者さんはブリッジの手前の歯は、根が折れてしまっていましたので、インプラントになりました。後ろの歯も根が極端に曲がっていて根の病気から周りの骨も溶けはじめていました。生存のための条件はかなり悪かったのですが、しっかり治療をしたことで、5年が経過した今でもしっかり生存しています。

このようにご自身の歯を生き死には治療を行うドクターの得意分野によって左右されるわけです。私自身は、天然の歯にこだわって治療をしていますので、その歯が長くもつための治療をさせていただいております。

皆さんは、治療に何を優先させますか?