ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 根管治療(根幹治療)で悩まれている患者さんからみる治療の問題点

根管治療(根幹治療)で悩まれている患者さんからみる治療の問題点

2014年06月03日

カテゴリ:根管治療

最近、他院からの転院してくる根管治療で悩まれている患者さんが多いのですが、その状況をみるといくつか共通点があります。

一番最初に気付くのは、隔壁がないということです。根管治療においては、細菌の再感染を防ぎたいので、治療中は四方を壁でしっかり囲んでいたいのですが、むし歯によって壁がなくなってしまった時は、そこを補強しなければなりません。しかし、補強をせずに治療を行っている方がほとんどなので、治療を上手く行えていないのが現状です。

次に、仮封(仮の蓋)が不十分であるということです。これは隔壁にも関連するところなのですが、隔壁がないので、仮封も上手くいっておらず結果封鎖性が悪いので、治療中にも関わらず細菌の再感染を起こしているということになります。あと、仮封の材料ですね。ストッピングはダメですよ。

次に多いのが、入り口部分の見える部位のむし歯が取り切れていないことが多いです。根本的なことですが結構できていません。これは、裸眼でもできることですのでしっかり行ってほしいものですが・・・。

そして、ラバーダムですね!

マイクロスコープが無くてもここまで出来れば今よりは成功率は上がると思うので、やっていない先生は試してみてほしいものです。

ただし・・・

隔壁とラバーダムは保険算定はないので、結局そこまでやる先生はいないかもしれません。また、信念の下サービスでやっている先生もいるかもしれませんが、保険で認められていないことを保険内でやるのはたぶん問題になるかも・・・。

結局、保険内では良い根管治療は受けられないのかもしれませんが。。。。

あ~。今日は何かとりとめのない話を書いてしまいました(汗)