ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 長引く根管治療(根幹治療)。膿が止まらないと言われてませんか?

長引く根管治療(根幹治療)。膿が止まらないと言われてませんか?

2014年06月05日

カテゴリ:根管治療

根管治療が長引く中で、先生から「なかなか膿が止まりませんね」とか「膿が止まるまでお薬交換しますね」とか「膿が止まるまでしばらく様子見ましょう」と言われたことはありませんか?

正直、様子見て膿止まるの?思ってしまいますが・・・。

そもそも膿はなぜ出るのでしょうか?

たぶん、上記のような話をする先生は、考え方が根本的に間違っているのだと思います。

“膿”はあくまでも結果です。もともとは虫歯などで、神経がある場所に細菌が感染して住み着いてそれが体と戦って出来た死骸が膿となって出てくるのです。なので、膿は結果なのです。

膿を止めるためには、歯の中(根管の中)に感染している細菌を取り除かなければなりません。なので、「様子見ましょう(歯医者の常套句)」は意味がありません。

細菌を取り除くためには、今まで書いてきたブログにもありますが、可能な限り無菌的な環境で、根管内を機械的・化学的に洗浄する必要があります。それを徹底すれば通常は2回ぐらいで膿は止まるはずです。それでも止まらない場合は、他に原因があると考えなければならないのです。なので、膿が止まらないので、半年、1年治療していますというのはナンセンスなのです。

根管治療と膿の関係、少しはご理解いただけたでしょうか?