ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 根管治療の経過観察

根管治療の経過観察

2014年10月08日

カテゴリ:根管治療

お久しぶりです。しばらくバタバタしており、コチラのブログをサボっていました。

根管治療で悩まれている患者様は、まだまだ多いですので、今後もいろいろと情報を発信していきたいと思います。

 

最近は、根管治療を他院さんから依頼されるケースも多くなってきており、経過を追う機会が増えてきています。そこで今回は、根管治療終了後の治癒過程をレントゲン写真で追っていきたいと思います。

1年経過症例のコピー

コチラの症例は、歯の根の病気と神経の通り道以外にも病気の原因となる本来はない人工的な穴があるのではないかと依頼されたケースです。

確認すると確かに本来は無いはずの穴が存在しており、これが治癒を阻害している状態でした。

その周辺の細菌感染をしっかり取り除き、穴をしっかり封鎖することで、この歯はまだまだ保存することは可能ですので、治療を開始しました。

治療終了後、先日まで1年間経過を追わせていただきましたが、先ずは根の先の病気は消失しましたし、穴が開いて骨が溶けていたところもしっかり骨が再生してきているように見えます。

また、症状はこの1年間全く出ていないとのことでしたので、先ずは一安心です。

 

このように、一見保存不可能に見える状態の歯でもしっかり残すことは出来ますので、諦めないでご相談いただければと思います。そうすれば、患者様も我々もご依頼頂いた主治医の先生も皆ハッピーになれますね♪

 

今後も皆様に貢献できるように頑張って行きますので、どうぞよろしくお願い致します。