ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > ひとつひとつの地道な治療の積み重ねが大切

ひとつひとつの地道な治療の積み重ねが大切

2016年07月21日

カテゴリ:根管治療

最近、思うところがいろいろありまして、今日はちょっと辛口になります(汗)。

歯の神経を取った、歯の根の治療をしたことがあるという方は、身に染みて感じていることと思いますが、根管治療という目には見えない治療が、お口の健康の大きな役割を担っていることを。そして、キレイな素晴らしいセラミックのかぶせ物を入れたとしても、その土台となる根の状態や歯肉の状態が悪ければ再治療になったり、場合によっては抜歯になってしまうことを。折角ちゃんと治療をしたのに(患者さんの感覚では)、なぜ、何故、Why?となる訳です。

我々としては至極当たり前のことなのですが、治療の段階のどこかで、または全てにおいてエラーがあったんでしょうね。そして、それを保険だからという言い訳をしていることも。

日本においての歯科治療は現在大きな分岐点を迎えているように思います。しっかり治すためにベストを尽くす治療(時間を十分にとり、治療器具・材料・薬品などを十分に揃え、それらを100%活かす技術を身に着け、また知識と技術のアップデートを怠らない先生が行う治療)と保険というルール上でただ粛々と進められる治療とに・・・。まあ~なかには保険でも最大限にベストを尽くすという素晴らしい志を持った「スーパーサイヤ人」みたいな少数派の先生方もいらっしゃいますが・・・(私の友人にもスーパーサイヤ人がいます)。

では、患者さんはどうすればよいのか。この迷走しているカオス状態の歯科医療において全ては患者さん次第なのかと思っております。今の歯科業界、いろいろなクリニックがあります。うちのように、「治療の質、メンテナンスの質」に拘って、そこを追求したこじんまりとしたクリニック。また、その逆で大規模病院で最大公約数的な治療を行っているクリニック。はたまたごくごく平均的なアベレージ的なクリニック。その他にも治療時間・治療期間が短い、安いを売りにした超高速ベルトコンベアー治療のクリニックなど多種多様です。場所によっては、メイドやヒツジ、着ぐるみもいるようですが。

なので、どれを選ぶかは患者さん次第です。

 

え~話がくどくなってきましたので、根管治療に戻りますと・・・。

歯科医師免許を持っているだけの素人は、根管治療をしてはいけない。その治療を受けた患者さんの未来は・・・。

ご想像にお任せします。

文章として締りがありませんが、要注意ということで(汗)