ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 抜歯しないでみんな幸せ(^0^)/ ―他のクリニックとの連携―

抜歯しないでみんな幸せ(^0^)/ ―他のクリニックとの連携―

2017年04月26日

カテゴリ:根管治療

 

根管治療ブログだいぶご無沙汰しておりまして大変申し訳ございませんm(_ _)m

決して、ダイレクトボンディングの治療ばかりやっているわけではありませんよ(汗)

※ダイレクトボンディングの治療に興味のある方は、こちらからどうぞ・・・。http://www.taka-dc.com/sinbi/#s04

という訳で、今回久しぶりの根管治療のお話を!

日本全国で、年間1600万本以上歯の根の治療が行われていますが、その半数以上が再治療であることは案外知られていません。

再治療・・・つまりやり直しの治療。やり直し・・・新たにむし歯が進行してということもありますが、以前の治療がうまくいってないというのが、臨床実感では多いように思います。歯の治療は、繰り返せば繰り返すほど成功率は下がっていきますし、耐久性の問題もあることからどこかで抜歯に切り替わり、ブリッジや義歯、インプラントで代替の治療を行うことになります。なので、そうなる前に出来ることは、

・1回目の治療でより質の良い治療を受ける!

・専門医または専門性の高い治療を行っているクリニックとの連携が出来ているクリニックを選択する!

ということではないかと思います。

今回、紹介もとのクリニックでは、保存は難しいと判断した歯を当クリニックでダメであれば抜歯も仕方がないと最後の砦としてご紹介いただいた患者様の例をご紹介させていただきます。

DSC00849+ 高橋_由美左下7_3+

↑初診時

歯肉から膿が出て、咬むと痛む、若干歯が動いていると来院されました。確かにレントゲン写真では、大きな病気が出来ています(根の周りの黒い影)。

詳しい診査の後、根の治療を開始し、3回目で最終の詰め物をしました。この時には、すでに膿の袋も消失しておりました。

高橋_由美左下7_2+

↑治療終了後

根の治療が終わった後、症状も特にないことから新しい土台と仮歯を入れて当クリニックの治療は終了となりました。

DSC01753+

↑当クリニック治療終了時

その後は、紹介もとのクリニックにお戻りいただき、最終のかぶせ物を入れていただきました。

そして、1年後・・・

高橋_由美左下7_1+

根の病気もほとんど消失して(根の周りの黒影がなくなっています)、痛みや咬んだ時の違和感も全く無いそうです。

患者様には、「たかデンタルクリニックを紹介していただいて良かった! 紹介していただいた〇〇先生と治していただいた佐藤先生に感謝です!」と言っていただき、私もとてもうれしくなりました。

私も全ての治療を高いレベルで出来るわけではありません。自分に出来ないことは、専門医や専門性の高い治療を行っている先生にお願いしております。

患者様の歯を守る!ということは、我々の共通認識ですので、今後も多くのクリニックと連携をとりながら行っていきたいと思います。

患者様におかれましては、クリニックの選択というのはかなり難しいとは思いますが、そういうクリニックに出会えること私は願っております。

では、皆様におかれましては、良い1日でありますように。

 

院長 佐藤