TEL
MENU

通常の根の治療で治らない時は次の一手が!

TEL:0196293080
火/木
9:30~19:00
月/金/土
9:30~17:30
9:30~13:00

カテゴリー:

根管治療

Before

After

症例情報

年齢 40代
性別 女性
主訴(症状) 前歯がうずく
歯茎がジュクジュクしている
治療内容 先ずは冠と土台を外して根の中を徹底的にキレイにしました。通常であれば歯肉の膿の袋はこの段階で消失するのですが、あまり変化が無い状態でした。根の治療は2段構え(通常の根の中の治療で完結出来ない時は外科治療へ移行する)ですので、外科治療に移行しました。歯肉を切開して、根の先を確認して感染部位を削合した後根の先からも封鎖性の高い材料で封鎖をして、歯肉をキレイに縫合します。その後経過を見て患者さんの症状が改善されるか、根の先の空洞となっている部位に骨の再生が起きるかを長期的に観察していきます。
現在、2年経過しており経過良好です(^o^)/
治療回数 通常の根管治療:3回
外科的歯内療法:1回
費用 通常の根管治療:110,000円
隔壁:10,000円
仮歯:5,000円
外科的歯内療法:80,000円
合計:205,000円

治療詳細

コチラの患者さんは、初診時前歯がうずく、歯肉がジュクジュクしていることを主訴に来院されました(写真は仮歯に置き換えた後)。

 

レントゲン写真はこちら

 

明らかな病気は前歯2本に出来ており、歯肉の膿の袋と繋がっているのは1番目の前歯でした。

通法に従い根管治療を行いました。根の中はキレイになりましたので、根管充填(根の詰め物)を行いましたが、残念ながら根の先付近の歯肉のジュクジュク(膿の袋の出口)は改善されませんでしたので、速やかに外科的歯内療法(外科処置での根の治療)に移行しました。

←根管充填後

通常の根管治療と同様にマイクロスコープ(治療用顕微鏡)下で外科的歯内療法も進めていきます。歯肉を切開し、感染部位の掻把、歯根の削合、根の先から封鎖、縫合の手順で行います。イメージとしては、下のイラストの手順になります。

 

 

オペ直後はコチラ

 

1週間後の糸抜き直後はこのような感じで歯肉もほぼキレイに治癒しています。

そして2年後

 

被せ物も最終のセラミックになりました。歯肉はさらにキレイに治癒していますし、レントゲン的にも根を削合して空洞になっていた部位に骨が再生してきており経過良好です。

患者さんも最近は歯を気にすることなくおいしく物を食べることが出来ると喜んでいただいております。今後も定期検診で長期的に観察していきたいと思います。

全ての歯を保存することが出来る訳ではありませんが、根管治療は外科的歯内療法まで行うこと(行えること)が歯の保存を生業としている私の基準と考えております。

岩手・盛岡で根の治療に悩まれている方は一度ご相談いただければ幸いです。

PAGE TOP