TEL
MENU

治療困難、抜歯適応と言われた歯も諦めない!

TEL:0196293080
火/木
9:30~19:00
月/金/土
9:30~17:30
9:30~13:00

カテゴリー:

根管治療

Before

After

症例情報

年齢 50歳
性別 女性
主訴(症状) 奥歯が痛む
治療内容 再根管治療
破折ファイル除去
治療回数 4回
費用 根管治療:14万円
隔壁:1万円
破折ファイル除去:2万円
合計:17万円

治療詳細

こちらの患者様は、他院そして大学病院でも治療が困難で抜歯適応と判断され、それでも何とか歯を残せないかと来院された患者様でした。

どうして抜歯適応と判断されたかと勝手ながら想像するに

①根の病気が大きい

②金属の土台が結構がっちり入っていて取り外すのが難しい

③金属の治療器具が神経管に残っていて取り除くのが難しい

というのが考えられます。

う~ん、確かに一般的には難しいですね。しかし、日頃“歯の根の再治療”を数多く手掛ている身としての直観も、詳しく診査した後の結論としても諦めるのはまだ早いのではないかと思いました。もちろん、難易度は高いことリスクがあることも説明して保存するための治療を行うことにしました。

先ずはがっちり入っている金属の土台を慎重に除去すると、中は真っ黒になっておりかなり細菌感染していました。

その感染を丁寧に取り除いた後、ラバーダム防湿(ココ大事!)をして隔壁(歯の補強)を作っていざ本格的な根管治療をスタートします!神経管に入っている以前の詰め物を取り除きながら中をキレイにしていきます。進めていくと折れて残っている金属片の断面がキランと光って見えてきました。

 

ここからは下の動画のようにより慎重に除去に取り掛かります。

キレイに取れましたね。

長さは3.7㎜。そこそこの長さでしたね。

ある意味神経管に蓋をしていたこの金属片を取り除いたことで全体像が分かりましたので、ここからは中の感染を徹底的にキレイにして神経管に最終的な詰め物をしました。

 

 

その後は新しい土台と仮歯を入れて歯として機能させながら経過観察をして、問題ないようでしたのでかぶせ物を入れました。

そして、10か月後・・・。

 

根の先にあった黒い影も段々消失してきており、経過は良さそうです。もちろん、患者さんも症状はないとのことでしたので、ホッと一安心です。

治療困難、抜歯適応と言われた歯でしたが何とか保存することが出来ました。

全てがこのように上手くいくわけではありませんが、「根の病気=抜歯」ではありませんので、もしもの時はご相談いただければ幸いです。

では、今後ともよろしくお願い致します。

PAGE TOP