ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > たまにはノーマルな根管治療を・・・・。

たまにはノーマルな根管治療を・・・・。

2015年11月12日

カテゴリ:根管治療

ここのところ破折ファイル除去という特殊な治療がなぜか続きました。この2週間で4件行いましたので、結構な頻度だと思います。同業者の方は、私も含めて気をつけましょう。そして、患者さんはそんなにナーバスにならなくても大丈夫ですので。

今回は、一般的な根管治療(とはいっても再治療ですが・・・・)の経過報告です。

初診時、右上の犬歯にかぶせ物をしたばっかりなのに、痛い!歯肉が腫れた!膿も出ている!と来院されました。

見ると・・・・

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA ←(鏡の像なので左右逆に見えています。)

確かに歯肉に膿の袋が出来ており、診査においても根の病気が出来ているようです。

レントゲン写真はこのような感じ。

右上3初診時

右側の根の先が黒くもやっとした感じ・・・・。

治療したばっかりならそりゃ~怒りも湧いてくるよな~と同情しながらも、ここはしっかりとした治療を提案し、再治療をすることに!

で、治療直後がコチラ

右上3根充後

治療回数は、3回。

1回目の治療後から痛みと腫れ膿の袋も消えて、3回目の終了時には違和感も消えたとのこと。患者さんも笑顔に戻りました。

そして、現在3年が経過し、今のところ問題なく経過しております。

右上3根充後3年

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

食事もバリバリ何でも食べることが出来ているようです(治療を希望されたところ以外のところには、ちょっと気になるところはあるのですが、なんとか大きなトラブルも無く維持できているようなので経過観察としております)。

ここまで来れば一安心かな。

 

このように、せっかくキレイなかぶせ物を入れても土台となる根管治療が不適切であれば、結局は長持ちせずやり直さなければなりません。どうしても、目に見えるキレイなかぶせ物を優先させてしまうかもしれませんが、目に見えない細菌を相手にする根管治療が適切に行われることでこそかぶせ物が活きてくるので、患者さん自身が根管治療としっかり向き合っていただければと思います。それが、やり直しの少ない、歯のことで苦労しない秘訣だと思います。

ご自身のお口の健康大丈夫ですか?

日々是研鑽で、今後もより良い治療を提供していきたいと思います。

 

たかデンタルクリニックHP http://www.taka-dc.com/
盛岡職人歯医者 http://blogs.yahoo.co.jp/kuuleikumiko
根管治療専門HP http://www.taka-dental-clinic.com/
根管治療専門ブログ http://www.taka-dental-clinic.com/blog/