ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 顕微鏡治療でなければ出来ない治療 ― 破折ファイル除去編 ―

顕微鏡治療でなければ出来ない治療 ― 破折ファイル除去編 ―

2019年02月11日

カテゴリ:根管治療

 先日のブログに書いた(詳しくはコチラからhttp://www.taka-dc.com/blog/4078/)マイクロスコープを用いた拡大治療いわゆる顕微鏡治療。顕微鏡治療で行う処置、つまり顕微鏡治療でなければ出来ない処置が『破折ファイルの除去』だと私は思います。

破折ファイルの除去に関しては、何度かブログで書いたり、動画も投稿しておりますので、よろしければコチラもご覧ください。

過去のブログ:/blog/konkan/260/

私がレクチャーを受けた世界で1番この治療が上手い先生にもちょっと以前紹介いただきましたhttps://www.dentalartsacademy.com/info/archives/category/%e3%81%94%e5%8f%97%e8%ac%9b%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%be%8c

過去の動画1:https://www.youtube.com/watch?v=xO25XUypCiY

過去の動画2:https://www.youtube.com/watch?v=23FLw38fLhQ

 

一応私も顕微鏡治療を生業にしているので、この辺の知識と治療技術は必須かなと思っています。

なんでもかんでも取ればいいという訳ではありませんが、この処置を行うことで保存できる歯があるのも事実です。

という訳で・・・

岩手・盛岡で根管治療に悩まれている方は、1度ご相談いただければ幸いです。

昨年もそうだったのですが、不思議と年初の1月2月はこの治療が結構多いんですね~。

たかデンタルクリニックHP http://www.taka-dc.com/
盛岡職人歯医者 http://blogs.yahoo.co.jp/kuuleikumiko
根管治療専門HP /
根管治療専門ブログ /blog/