ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 根管治療は難しいけど治るとも思ってほしいですね~♪

根管治療は難しいけど治るとも思ってほしいですね~♪

2019年08月07日

カテゴリ:根管治療

『まだまだ歯の根の病気で悩まれている方は多いなぁ~。』

日々の治療やカウンセリングでの私の感想ですね。

そして、同じ歯科医師でも根の病気はちゃんとやっても治らないし、案外それなりのほうが治ったりもするので、どうして治っているか分からないと言っている人もいます。

さらに決まり文句として、『治療をしても長持ちしないと思う』・・・・・・・・。これが、日本の歯科の黒歴史なのかもしれません。

さて、そんなネガティブな印象の歯の根の病気ですが、本当に治す事が出来ないのでしょうか?

答えは、

NO・・・ノー・・・そんなこたぁ~ないよ。というのが私の考えですね。そりゃあ、治し方も分からず、ただひたすらに根の中をゴリゴリとかき混ぜているだけならやっぱり治らないでしょうが、そこはロジカルに手順を踏んでいけば、ちゃんと体は応えてくれます。

そこで欠かすことが出来ないのは、やはりマイクロスコープ(顕微鏡)ですね。

マイクロ

歯の中を拡大して見せてくれる機械ですが、拡大治療こそが根の治療には必須だと思います。拡大することで、複雑な神経管であっても、細菌感染を可能な限り除去することが出来るようになります。

スライド6

スライド1

このように一番右の歯の根の先が黒く病気が出来ていても

スライド2

スライド3

治療後3ヶ月を過ぎたあたりから病気の像は消えてきます。

スライド5

そして、1年5ヶ月が経過した今回のレントゲン写真では、ほぼ問題ない状態になっています。もちろん、治療後症状は何もありません。

なんでも100%治るとは言いませんが、昔に比べれば抜歯をせずに歯を保存することは、かなり出来るようになってきたのではないでしょうか。

なので、患者さん皆さんもすぐにあきらめずに、歯を保存する方法、保存が出来るクリニックを探してみてください。

あきらめないで

たかデンタルクリニックHP http://www.taka-dc.com/
盛岡職人歯医者 http://blogs.yahoo.co.jp/kuuleikumiko
根管治療専門HP /
根管治療専門ブログ /blog/