ホーム > 症例ブログ > 根管治療 > 日本人は、日本の歯科医療がガラパゴス化しているのを知らない事実

日本人は、日本の歯科医療がガラパゴス化しているのを知らない事実

2014年08月02日

カテゴリ:根管治療

これでいいのか日本人!

なすがまま、されるがままの歯科医療の現場。皆さんが受けられている歯科医療はそうではありませんか?

たかデンタルクリニックの歯科医療は、旧態依然の歯科医療からは完全に脱却しています。 何が違うのか? それは・・・ 体の中で何が起こっているのか?(どんな病気なのか)、それを治すためにはどのような治療をしなければならないのか。その治療は保険が利くのか、利かないのか。患者さんは治療を受けるのか、受けないのか、転院するのかなど客観的事実を丁寧に説明させていただいたうえで、患者さんがご自身の意思で、治療を選択するというシステムです。 私にとっては当たり前なことなのですが、一般的にはそうではないようです。

治療技術の未熟さを隠すために高飛車に出たり、経験という名の一方的な見解を述べたりと幼稚な歯科医療がはびこっているのが現実です。 それが、

ガラパゴス化

している所以なのです。

当クリニックに来院さた患者さんは、口をそろえて

「そのような話は初めて聞いた!」と言います。

これじゃあ~ダメなんです。

 

そうはいっても、なかなかしっかり説明してくれる医院はないんですよね。医療制度の問題も多いし・・・。

結局は、患者さんが少し勉強して、良い医院を探すしかないのですが・・・。

皆さん、がんばって探してください。お祈りしています。。。。。

あきらめないで